スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのあらすじ

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ3作目

今や海賊たちの自由な時代は終焉を迎えようとしていた。

ベケット卿はジェームズ・ノリントンが持ち帰ったデイヴィ・ジョーンズの心臓を入手し、彼とフライング・ダッチマン号を操り、世界中の海賊達を葬っていた。捕えられた人々は次々と処刑されていったが、その中で処刑台に立った1人の少年が銀貨を手にしながらある歌を歌った。その歌はやがて処刑場にいた死刑囚全員が合唱するまでに広がる。それは海賊たちに決起の時を伝える招集の歌だった。

海賊たちが生き残るには選ばれし9人の“伝説の海賊”を招集し、一致団結して立ち向かうしか方法がなかった。しかし、その伝説の海賊の1人は前作でクラーケンに飲み込まれてしまったキャプテン・ジャック・スパロウだった。 

エリザベスやウィル、ブラック・パール号の乗組員たちはティア・ダルマの力で蘇ったキャプテン・バルボッサを船長に迎え、シンガポール海賊の長であるサオ・フェンから世界の果てへの海図を受け取り、ジャックの救出に向かうのだった。












スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : あらすじ 映画 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

プロフィール

arasuji7519

Author:arasuji7519
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

お役立ち!トレンド・売れ筋ランキング。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVD借りるなら・・・
おすすめ!
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。