スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのちから

1981年のサンフランシスコ。妻のリンダと息子のクリストファーを持つクリス・ガードナーは骨密度を測定する新型医療器械のセールスをしていた。その機械を大金をはたいて投資し買い取った時はこの機械を「革命的な機械」と信じ妻と喜び勇んでいたがいざセールスをしてみると、その機械は病院関係者にとっては「レントゲンより少し鮮明に見える程度で高価な贅沢品」という無用な長物であった。そのため機械のセールスはうまくいかず、税金も滞納し、妻のパートでなんとか乗り切るという苦しい生活を送っていた。


そんなある日、彼は路上で「真っ赤なフェラーリ」を見かけて思わず運転手に二つの質問をする。

「あなたに二つ質問がある。仕事とその仕事にどうやって就いたんだ?」

「株の仲買人をしていて、学歴がなくてもなれる」と返された彼は、株に興味を持ち始め、たまたま見つけた証券会社の養成コースに願書を提出。半年間の研修期間で定員は20名、その中で選ばれるのはたった1名。ただそのためにはまず研修生になることが必要だった。そこで彼は人材課長のトゥイッスルに近づき、彼が持っていたルービックキューブを数分で完成させ、驚かせる。そうしてトゥイッスルに認められたクリスは研修プログラムに合格、参加することになる。しかし、その研修期間中、無給であった。もし1名に選ばれなかったら半年間が全くの無駄になる。

そんなとき、とうとうリンダが苦しい生活に耐えかね息子を連れて出て行ってしまった。クリスは保育所から息子のクリストファーを連れ帰ったものの、家は立ち退きを命じられ、駐車違反で一晩拘留させられてしまう。そこから安モーテルに息子と2人で住むことになる。幸い機械のセールスはうまくいき4ヶ月で完売させるが、税金の支払いで貯金を全額失ってしまうのである。行くあてもなく文字通り路頭に迷ってしまった2人は、駅のトイレや教会などを転々とするホームレス生活を送る。

貯蓄も家もなく、明日も見えない辛い日々の中、クリスを突き動かすものは、この生活から抜け出し、幸せになりたいという思いと、自分が父親も知らず育った環境を息子にさせたくないという息子への愛情であった。












スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : あらすじ 映画 幸せのちから

プロフィール

arasuji7519

Author:arasuji7519
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
カウンター
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

お役立ち!トレンド・売れ筋ランキング。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DVD借りるなら・・・
おすすめ!
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。